読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれから30年 その後のミニマリスト

節約しすぎないシンプルライフ

お金のことで新社会人に伝えたいこと

旧人類からのメッセージです。お急ぎでなければ、どうぞ。

天引き貯蓄法

最初にもらった給料を何に使おうか、今から楽しみですね。でも、その前にやっておくことがあります。天引きの貯金の手続きです。一般的には、財形貯蓄になるでしょうか。大きい会社なら社内預金があり、金利の上乗せがあります。

1万円でもいいから、とにかく始めることです。あれこれ迷って、チャンスを逃さないようにしましょう。身近なところにもいるんですよ、いまだに貯金できないのが。もう中堅社員なのにね。最初が肝心です。

口座を開く

会社で指定されていれば、問答無用です。そうでなければ、地元の銀行をメインバンクにしましょう。ネット銀行は、公共料金の引き落としや還付された税金の振込先には向かないので、サブバンク扱いです。

地元の銀行であれば、災害時に通帳・印鑑なしで、20万円まで受け取れます。ですから、口座の残高が20万円を下回らないようにしましょう。

余裕ができたら、ゆうちょ銀行にも30万円を確保します。これも災害時用です。生活防衛資金がどうとかの議論に惑わされる必要はありません。地震や火災があっても、50万円あれば当面はしのげるでしょう。

節約上手だと、1年もすると預金残高が大きくなってきます。放置すると、銀行から営業の電話がかかり、よからぬ商品を売りつけられます。そうならぬよう、天引きの金額を増やしましょう。

クレジット・カード

社会人になれば、クレジット・カードが使えます。最初は、キャッシングとリボルビング払いは厳禁です。いつも一括払いで利用します。ただし、海外旅行するときは、一時的にキャッシングできるようにしておきます。円を現地で両替するときの手数料よりも、キャッシングの金利の方が安いからです。

細かい話をすれば、きりがありません。とにかく、滑り出しが大切です。それでは、楽しい会社生活を。