読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれから30年 その後のミニマリスト

節約しすぎないシンプルライフ

3月にときめく

30年もたつと、物が増えてくる。

いよいよ断捨離かというフェーズで登場したのがコンマリさん。
でもね、洋服の山に抱きついても、加齢臭がただようだけ。
もしドキドキするようなら、病院に行かなくては。心臓が悪いのかもしれない。

  1. プチ断捨離

    捨ててみました、洋服を。

    たしかに片づきました。
    いつも使うものは洋服ダンス1段半に。夏物やアウターは別ですが。
    つるしもので場所をとっているのが、式服。
    合服、冬服、そして形見分けでやってきたもの、計3着も。
    もう結婚式は出ないし、葬式もあと1回だけ。
    それが終わったら、バッサリと処分しよう。

  2. あしたはどっちだ?

    いくら処分しても、まだ大量に残っている本をどうしよう。
    ミニマリスト時代でも、本だけは例外だったからなあ。
    そのころ、売れそうな本をセレクトし、古本屋に持ち込んだ。
    そして何枚かの千円札を握りしめ、電気屋へ。札束は、電気コタツに化けた。
    コンマリ方式で中身を見ないでボイ、というのは無理なので、ちまちま捨てていくしかなさそう。

  3. 気合いを入れる

    なんとなく片づけなくては、と思いつつも手がつかないとき、背中を押してもらったのが「ときめき」シリーズだった。捨て変態ぶりがおかしくて、ついその気になってしまった。捨てパワーを最大に発揮するには、引っ越しがいちばん。予定日に向けて一気にテンションが高まる。もっとも、その後で疲れて寝込んだりするのがシニアのお約束ですが。

まずは
『人生がときめく片づけの魔法』
近藤麻理恵を味わってみてください。

マニュアルとしては
『イラストでときめく片づけの魔法』
が使えます。

では、きょうもスッキリ・ライフを。