あれから30年 その後のミニマリスト

節約しすぎないシンプルライフ

大きな地震のシミュレーションをしてみる

緊急地震速報が出たら、ガスを消して、すぐに玄関へ。ドアをいったん開け、鍵を出して、また閉める。これで閉じ込められる心配はないでしょう。玄関には、老眼鏡や非常用の品が少し置いてある。

ガスを消すのは火事を出さないため。台所は、荷物で歩けなくなるので、火気厳禁。もうひと部屋も、本が散乱する予定。その代わり、寝室には家具をいっさい置いていない。玄関から寝室までは、絶対防衛ライン。

最初の1分間の揺れをしのげば、ガラスが飛び散っていようが、家具が倒れようが、必要なものを取り出せる。

停電したら、ブレーカーを落とす。これで通電火災を予防できる。時間ができたら、冷蔵庫の中身をどうするか検討しよう。水道が生きているようなら、風呂に水を入れておきます。

室内の安全が確保できたら、向こう三軒両隣の安否確認に出かけるつもりです。