読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれから30年 その後のミニマリスト

節約しすぎないシンプルライフ

アーリーリタイアの前にやっておくべきこと

 ちかごろ増えてるアーリーリタイア、その前にやっておくことがあります。

お金のコントロール

これは単純な話で、自分の家計をしっかり把握しておくことです。もちろん、その上で出費を圧縮します。

目安としては、月に10万円貯金が増えないようでしたら、アーリーリタイアを先延ばしにした方がいいです。資産が多い人は別ですが。

先のことを考えて、用意周到に準備する人なら、リタイアしても滑り出し順調です。しかし、私の場合は見切り発車だったので、1年目に大きく貯金を減らしました。回復するのに、何年もかかりました。

巷間では、生活防衛費は2年分と言われていますが、無計画な人はもっと積んでおいた方がいいです。安心感がないと、どつぼにはまってしまうかもしれません。

どこに住むか

もうひとつ決めておくことは、住むところをどうするかです。現在のままか、住居費の安いところへ引っ越すか。大都会から地方へ引っ越すと、家賃が安くなっても、車が必要になります。トータルでは、さほど変わりません。

それなら、もっと田舎に引っ越せばいいだろう。そう思った人は、それなりに調べているでしょうから、何も申し上げません。

素直な感想を述べれば、やめておいた方が無難です。それこそ、若い人を見習ってください。どうして若者は都会へ出ていくのか、そこに答えがあります。

めでたくリタイア

さて、これでベースが整ったでしょうか。住むところがあり、多めの貯金があれば、アーリーリタイアは可能です。リタイアしてから何をするかは、おまかせです。不問です。ハッピー・リタイアメントにならんことを。