あれから30年 その後のミニマリスト

節約しすぎないシンプルライフ

進藤奈邦子 WHOシニアアドバイザー

一ヶ月前、コロナの出口戦略の番組で、久々に進藤奈邦子(なほこ)を見ました。

 

ジュネーブからWHOシニアアドバイザーとして遠隔参加。

欧米からは日本の死亡者数が少ないのはミラクルだと思われているのだから、日本人はもっと自信を持っていいんだよ、というメッセージを伝えたかったようです。

 

今ではすっかり評判を落としたWHOですが、そこにたどり着くまでの進藤さんの人生は波瀾万丈です。

 

1963年に生まれ、高校時代にアメリカに留学し、飛び級で大学への進学が決まっていた。ちょうどそのときに、弟さんの病が重くなって帰国。1年落第して、高2に。

建築家になろうかと思っていたのに、弟に託された夢を実現すべく慈恵医大に進学。脳外科としてスタートするも、そこは100%男社会で、セクハラまでも。

 

内科医に転進したら、妊娠がバレて事実上のクビ。2度目のショックで立ち直れず。

うつうつとした日々を送るも、やがて夜勤のない勤務医として復帰。

子育てしつつ、医療と研究を両立させ、母校から博士号を。これが後に効いた。

 

1997年 国立感染症研究所感染症情報センターに呼ばれ、やがて管理職に。

2002年 厚生労働省よりWHOに派遣

2005年 WHOの正規職員に

NHKの取材はこの年の年末から翌年にかけて。

 

派遣されてSARSの診断基準、臨床管理のガイドライン、感染防御のガイドラインなどを作っていたところ、2年の任期を延長してもらえ、3年目に新ポストができ、600倍以上の競争を勝ち抜いてプロパーの職員となった。

 

WHOというところは、大国のわがままがあちこちで顔をだし、パワハラやセクハラはもちろん、足を引っ張られるのは当たりまえの、魑魅魍魎の住む世界のようです。

公用語は英語とフランス語なのですが、派遣された当初助けてくれたのはフランス語のコミュニティでした。

仕事はハードだけど、子育てはしやすい職場です。

 

日本人にとってWHOは不人気職種なので、派遣されるのは比較的容易。しかし、そこでポストを得るのはとても大変なようです。任活(任官運動)では、日本の資金力とアメリカの政治力をバックに進藤さんが勝ち残りました。

 

WHOへの出資金と人口が多い日本の出身であること、女性であること、博士号を持っていることの3つがプラスに働いています。

 

前のポジションであるメディカルオフィサーは、外交官特権もある国連職員です。派遣社員、正社員、役職定年してシニアアドバイザーに、と理解すればいいのでしょうか。

ですから、自分のところのトップの悪口はもちろん、大口スポンサーを表立って批判することもありません。どこの会社でも、そうですよね。

 

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

2006年 「鳥インフルエンザを封じ込めろ」

2009年 「新型インフルエンザを食い止める」 

 この番組に2回出たのは進藤さんだけかも。息子と母親のやりとりをうまくとらえています。命がけでも、現地に行きたい、そういう意気込みも感じ取れます。ドキュメントとして秀逸です。

 

私たちにできること。 新型インフルエンザとの戦い (NHKプロフェッショナル仕事の流儀)

弟さんとのやりとりが詳しく書いてあり、テレビでなんで涙ぐんだかよくかります。

走れ、唯之助!

コロナのおかげで、ドラマの再放送が多くなった。

なかでも、「アシガール」は楽しい。

女子高生が戦国時代にワープし、イケメン武将に出会う。初恋にめがくらんで、現代と過去を行ったり来たりする、という荒唐無稽ドラマ。

ばかばかしさとしては、少女がキョンシーをお仕置きする「霊幻道士」クラス。

タイムトラベルという手垢のついた設定を、ご都合主義まるだしで、あっけらかんと用いている。その潔さは、「イグアナの娘」に通じる。特殊メイクなど使わずに、まさかの着ぐるみで押し通した力技のドラマだ。演じたのは菅野美穂

今は「恋はつづくよどこまでも」でラブコメの下地ができたところゆえ、再放送としてはタイミングがいい。本放送よりも視聴率がとれそう。

アウトドアをさっそうと走る黒島結菜が適役。インドアでくすぶった気分を吹き飛ばしてくれよう。

アシガール 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

バーチャル旅行してみよう

マスクも出回りはじめました。

国産のもありますね。

でも、まだ高いので、買いません。

仕事で使う人、お先にどうぞ。

不織布マスクの買い置きがまだありますが、洗って使いまわしています。

毛羽立ってきたら、カバーをつけるといいですよ。

布マスクを作るよりも、簡単。

 

旅には出られないので、卓上でいろいろと。

感染者数のベスト10は、アメリカがぶっちぎりの1位。

以下、スペイン、イタリア、英国、ロシア、フランス、ドイツと欧州勢が並び、中国は意外にも11位です。サッカーが強いと、コロナに弱いという仮説が成り立ちそう。アメリカだけは、トップの人徳でしょうか。

 

東京オリンピックは延期されたので、世界コロリンピックを開催してみました。出場資格は、感染者数400以上の主要国。人口あたりの死者や感染者の少なさを競う大会です。でも、死者が多いと失格です。それゆえ大国は不利。

途中結果は、東アジアでは台湾、香港、タイがベスト3。セカンドグループにマレーシア、インドネシアシンガポール。3番手に、オーストラリア、ニュージーランドオセアニアが強い。すぐ後ろに、日本、韓国。フィリピンの姿も見えます。

卓球が強いと、コロナにも強い。第2の仮説です。

今回、感染者数が少なくてエントリーできなかったラオスカンボジアベトナムにいたっては、死者ゼロです。

このまま収束できれば、アジアやオセアニアでは人的交流が可能になるかも。

 

オセアニアはすでに2国間で、自由に往来できるようにすると発表しています。日本もなんとかがんばって、旧漢字圏の台湾、香港、マカオベトナム、日本で新交をあたためましょう。

ラオスにいったい何があるというんですか? (文春文庫)

 

ステイホーム週間のはじまり

近所を歩いてみると、車がたくさん並んでいて、みなさん外出を控えているようです。

巣ごもりに備えて、ガソリン補給やネットでの注文は、3月いっぱいで完了。

4月以降は、行きつけの店の買い支えモードに。

ふだんは買わないものを追加してみる程度ですが。

 

いま必要とされる仕事に従事する人を、エッセンシャルワーカーと言うのだそうです。シャンプーやリンスとは関係ないようで。

なくては困るサービスを提供してくれるのですから、困らせないようにしないとね。

吊るされているビニールカーテンの横からのぞき込んだり、マスクもしないで入店しないように。店員にからんでいるお客がいれば、「密です」と助け舟を。働く人が疲弊して困るのは、利用する私たちです。

食品に限っても、作る人、運ぶ人、売る人が必要です。そういう人たちが必ずしもいい待遇を得ているわけではありません。そこがお医者さんとは違うのです。ですから、経営者は従業員を守るとともに、他の職種よりも低い賃金をアップする努力を。ばかばかしくてやってらんない状態になると、困るのは利用する私たちですからね。

「情けは人のためならず」です。

 

小池さんは、3日に1回のペースでの買い物を推奨していましたが、そこは各自で工夫を。お店に入るのは、免疫の強そうな人が代表で、荷物持ちや子どもは店の外や車中で待機。車にもどったら、手を拭いてから運転する。食品は台所に3日放置するか、アルコール消毒してすぐにしまうか。

いろいろ考えていくと、めんどくさい。

うちでは、かなりアバウトにやってます。

コロナ以前は綺麗好きだったのが、コロナ以後はどちらかというと消毒不足に分類されそうです。

帰宅時に、うがいして手を石鹸で洗うのは、前からある習慣ですが、いまでもアルコール消毒はしていません。

加齢により皮脂が不足しているので、手のバリアを壊さぬよう、石鹸で洗うのは最小限にしています。常在菌まで落としてしまうと、免疫力が低下するおそれもあるし。その辺は、テキトーに。

 

シャボン玉 バブルガード 本体 300ml

 

お暇なら、観てよね

非常事態宣言も出され、一区切りというところでしょうか。

あとは各自治体の判断が住民の命を左右するのですね。

最悪の場合、首長と心中です。

 

すでに医療崩壊していると伝えられる東京都と、感染者数の少ない県とでは、対応が違ってあたりまえ。いきなり過剰な自粛を要請する前に、県境を越えた人の移動を制限したいところ。

 

あと咳エチケットでは、通じないお年寄りも。今日もさっそく近所のおばちゃんに濃厚接触されてしまいました。

ましてソーシャルディスタンスでは、ソシアルダンスと間違われて、かえって密着されるおそれも。断蜜とか集近閉とか、いろいろ手を変え品を変えて、注意をうながす必要あり。

 

都知事が週末の外出を控えるように会見した翌日、NHKは「羅生門」(1950)を真っ昼間から放送しました。強烈なメッセージです。

杣人が「盗賊よりも、疫病みよりも、飢饉や火事や戦よりも恐ろしい」と語るのです。

ここから日本映画の黄金時代がはじまりました。ですから、恐ろしいというよりも、役者たちの活きのよさを感じました。

 

羅生門 デジタル完全版 [DVD]

小松左京原作の「復活の日」(1980)は、ウイルスにより人類の大半が滅んでしまい、南極にいる人たちが生き残る映画です。冷戦時代ゆえ、核がからむ。女が少ないので、性のモラルも崩壊。チリ人とアルゼンチン人が喧嘩したり、いろんな要素がてんこもり。

 

生き残りの中に若き日の森田健作がいる。ここでパンデミックを仮想体験したので、現在進行中のコロナ禍では、いかんなく実力を発揮していることでしょう。

 

むかしの映画ゆえ、医療スタッフは無防備で全滅。

 

復活の日 角川映画 THE BEST [DVD]

「感染列島」(2008)では、さすがにお医者さんは防護服を着ている。それでも院内感染が起こってしまう。また、人工呼吸器の不足も描かれていました。2020年になっても、資材の不足は解消されず。

 

WHOから派遣されてきたオフィサーがホワイトボードに書く。ウイルスの正体は? どこからやって来たのか? 治療法は?

映画では、ウイルスの出所を知ることが、治療につながっていく。

今回、それがあまり話題になっていないですね。

 

興味深かったのは、ネーミング。ウイルスの名がblame。天罰ウイルスと訳せばいいのかな?

感染列島 スタンダード・エディション [DVD]