あれから30年 その後のミニマリスト

節約しすぎないシンプルライフ

NHKの快進撃はつづく

「これは経費で落ちません」

回によるばらつきはあれど、平均点の高かったドラマです。
とくに石鹸マイスターの回がよかったなあ。
観客をだましだまし話が進んでいき、最後にウルっとくる。ドラマの王道です。

パッとしないコミック版を、うまくアレンジしました。
レトロと経理という2つの軸が絶妙にミックスされてます。
ところどころ出てくる字幕、「経理部」というドア文字のデザイン、手作り石鹸
「うさぎを追うな」「イーブン」。

NHKはあっけらかんとパクります。経理部でのかけあいは、「時効警察」じゃないですか。
ただ、NHKはドラマで笑わすのが、もともと苦手です。有本マリナはミスキャストだし、ギャグも過剰。そこにラブコメを追加したので、バランスが崩れました。そのシーンは、CMだと思って、見なかったことに。

森若沙名子は制服姿がりりしく、麻吹美華はつんつるてんの私服がぴったりでした。
刑事コロンボ」みたいなシナリオライターの競作で、シーズン2を希望。


「サギデカ」

いっしゅんガキデカかと思ってしまいました。初回のゲストが泉ピン子。これは致命的、すぐにスイッチOFF。

2回目で盛り返しました。伊東四朗のボケっぷりがみごと。どちらも「おしん」の親なんだけど。

脇役がそろってました。定番の遠藤憲一麿赤児にとって代わった田中泯香川京子なんか、もう出てくるだけでいいドラマになってしまう。足立梨花だって、フィットしてましたよ。清水尋也(20歳)だけは役不足。新人刑事には、緒形拳にしごかれる嶋田久作(26歳、「大誘拐」)みたいなのを配置してほしい。

脚本の安達奈緒子は、「透明なゆりかご」(2018年)も書いている。大河ファンタジー精霊の守り人」から清原果耶、木村文乃と2連続での主役。年に1作ずつ、安達作品を放送してほしい。つぎの主役はだれかな?

祝、消費税アップ

軽減税率やらポイント還元への対応がいやで廃業した人もいるらしい。なんとも、めでたや税率アップ。

ひところ、リフレとかいうワードがはやっていたけど、あれはどうなったのか。ちかごろ、あまり聞かない。インフレ率2%が目標とか、小学生みたいな発言もあったなあ。

アヘノミクス以降、実出費をざっくり計算してみたら、我が家のインフレ率は3%ほどだった。世間で出回っている経済指標より、だいぶ上を行く。ドルの上昇と原油高が効いた。

庶民にとって、インフレは大敵ですよ。オイル・ショックを経験した私が言うのだから、間違いない。消費税アップは、すなわち物価の上昇。いいことなど、ひとつもない。

ショック・アブソーバーとしてポイント還元がある。せっかくだから、利用しましょう。メインで使っているお店は、5%還元なので、年間ではかなりのポイント数になるもよう。還元率をさらにアップさせるために、会費なしのゴールド・カードに変更しておいた。うまくいけば、年間平均の還元率が2%を超えるかもしれない。

だけど、自動車が対象除外になっているじゃないか。買い替えに備えて保持していたカードも、もう要らない。改悪に改悪を重ね、国内旅行傷害保険サービスさえもなくなってしまった。過去の遺物で、発掘する価値もなし。

いまや年寄りでも、イオンか楽天のカードくらいは持っている。もし、まだならポイント還元の受け皿として、オリコ、リクルート、エポスあたりが基本だろう。自分の親なら、家族カードを持たせてもいいのだが、どんな使い方をされるか不安。

それなら、いっそのこと「ANA VISAプリペイドカード(チャージ限定型)」にチャージしてあげよう。チャージする方のクレジット・カードのポイントがもらえるし、プリペイドカードで支払えばマイルが貯まる。これで2重取り。家族なら、そのマイルをもらえるので、ムダにならない。

このプリペイドカードは、もちろんポイント還元あり。これで3重取り。ただ、どこかに落とされると困る。カードでの支払いを止めることはできても、チャージしたお金は戻らない。ちまちまチャージしてあげれば、限度いっぱい使えるクレジット・カードよりも安心かな。

海外に負けてる大河ドラマ

711にハッカーとおぼしきやからが攻め込み、カンタブリア海に叩き落されそうになったイベリ子豚。2段階認証でレコンキスタを試みるも、失地回復に1492日はかかりそう。そう予想していたら、さっさと白旗。みごとな負けっぷりです。

タイミングよくBSで「イサベル~波乱のスペイン女王~」を放送中。フランスに攻め込まれるアラゴンの王子と、後継者の地位を確保したいカスティーリャ王女が結婚し、すったもんだするドラマです。イサベルが戴冠した1474年、日本では応仁の乱のさなか、一休さんの時代です。

聞きなれない地名が乱舞し、地図を見ないと、だれがどこにいるのかわかりません。日本の長久手、三方ヶ原みたいなものでしょうか。

70年代の大河ドラマは傑作が多く、80年代の朝ドラも楽しめた。やがてドラマの盛隆はアジアへと移行。韓流ブームが去った後は、東南アジアのレベルが上がったそうです。

中国の歴史ものはスケールが大きく、じじいの腹芸やら100万人がぶつかりあう戦場とか、ちょっと日本は太刀打ちできません。ところが女が出てくると、いきなりグダグダに。大奥ものを見慣れた当方には、鑑賞にたえません。ところが、「ミーユエ」の厚化粧と演説には、脱帽。ついに女ものの宮廷ドラマまでも中国に抜かれてしまいました。ショック。

ミーユエ~王朝を照らす月~ BOX1 (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ)(期間限定生産)

これに対抗できるのは、もうアニメしかありません。十二国記 風の万里 黎明の空」景王を大陸の人たちにぜひ見せたい。

ちなみに「ミーユエ」には、「キングダム」でおなじみの蒙驁将軍も登場します。

十二国記 Blu-ray BOX

我が家のキャッシュレス計画

ちかごろはカード決済できるものが増えたので、ATMへ行く回数が減りました。

現金

出番は、近場のお店だけです。小銭が貯まると、329円を握りしめておでかけ。行き先はもちろん100円ショップです。1品なら108円、2品なら216円、3品なら324円。おつりなしで支払えます。


1000円札は常備です。こちらは集金対応。万札を使うのは、年に数回だけ。

クレジット・カード

キャッシュレスの王道は、なんといってもクレジット・カードでしょう。コンビニでこんなメリットがありますよ、とか広告で見かけますが、出費の多いところでカードを作るべきです。北海道のようなイオン経済圏なら、


イオンJMB カード(JMB WAON一体型)など

ただいま、絶賛キャンペーン中。


でも、車はカードで買えないし、家賃もダメなところが大半です。それでも、それ以外の生活費をカードで支払えばポイントが貯まります。低金利の今、1.0%~2.5%のポイントはありがたい。


ちなみに、我が家の還元率は1.7%です。定期預金の金利が0.2%とすると、税引き後0.16%。ということは、貯蓄1000万円の利息より、100万円の支出によるポイントの方が多い。カード会社は、銀行より儲かってるんですね。

ポイントカード

もともとポイントカードには近寄らない方針でした。エアコンを買うので、しかたなく家電量販店で加入。ポイントでHDDが買えたので、よしとしましょう。

コンビニのカードももらいましたが、nanacoは使いにくく、Pontaがおもしろかった。たまにローソンへ行くと、クレジット・カードといっしょにPontaカードを出します。

アラサーのサラリーマン・ブロガーの方は、カードを1枚に絞っています。クレカ・ポイント・電子マネーの3種混合です。とてもスマート。

QR決済

最初のキャンペーンで、Macを20%引きで買ってウハウハな人だけではなく、トラブルに巻き込まれた人もいました。事後処理が大変だったようです。


すでにあるインフラで間に合っているのに、新しいものにチャレンジしてくれる人がいます。そういう先行者のおかげで、後発の私もいろいろ学べます。謝謝。

電子マネー

クレカを補う電子マネーの王者は、Suicaです。

  1. 無記名のSuicaカード。家族で共有できるし、不要になったらだれかにあげられます。
  2. ビックカメラSuicaなど。一体型なのでチャージが簡単。1.5%以上のポイント還元。
  3. Apple PayでモバイルSuica。決済したお店に個人情報が渡ることはありません。こちらも還元率は1.5%以上。

私は1.ですが、ポイントはつきません。


新幹線に乗るときは、クレジット・カードで支払い、1.5%以上のポイントをゲット。クレカとSuicaを使い分けています。


iPhoneをかざすとき、改札口にぶつけて壊しそうです。タッチするところが右側なので、Apple Watchは右手にはめるのでしょうか? カードタイプなら機種変更しても関係なし。

というわけで、電車に乗るときに、2000~3000円現金でチャージします。これで切符代と飲み物代くらいは、まかなえます。最悪落としても、リスク限定です。


コンビニのポイントカードを落とすとめんどうですよ。電話がかかってきて、取りに行かなくてはなりません。ほとんど空なのに。

まとめ

クレカ1枚とSuicaカードがあれば、キャッシュレス生活が可能です。あとは行きつけの店のポイントカードがあると、さらにお得。5%割引などのサービスが受けられます。ポイントより割引の方が、生活費節減に効果あり。

G.G WAON

じじい向けのカードです。B.Bカード、はないようです。でも、これってプリペイド型なんですよね。ただのポイントカードでいいのに。

メインのお店では、WAONSuicaも使えません。それでもポイントごっこは、節電ゲームより楽しい。今年は、還元率を2%に近づけるのが目標です。

ミニマルな生活は、ややリッチな人向き

ものを最小限しか持たない生活は、けっして安上がりではありません。

少ないモノで、満足度の高い暮らしをするには、お金が必要です。

軽量コンパクトなものは、たいていそうでないものより高価だし、狭くても住みやすい住宅を借りようとすれば、家賃が高くなります。狭ければ、余分なスペースがないわけですから、安売りしているからといって、大量に買い付け、ストックするわけにはいきません。少量の買い付けは、高くつきます。

ちょっと予想外のことがあれば、すぐに欠品。ミニマルライフは災害に弱いですね。

 

ミニマルであることに、こだわらなければ、生活費を圧縮するのは容易です。

貧乏自慢の若い人のブログには、食費が1万円とあります。立派です。いくらひとり暮らしでも、かなり工夫しないと実現できません。そこを目指したい方は、先人の知恵を拝借しましょう。

ひと月9000円の快適食生活 文庫版

 

エンゲル係数が高いのは貧乏人である、と習いましたが、それって本当ですか? 世間の平均値は24%ほどなのに、我が家は34%もあります。あまりビンボーだという実感がないんですが。