読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれから30年 その後のミニマリスト

節約しすぎないシンプルライフ

自宅で介護するのは、やはり大変です

はじめに 介護のバリエーション 訪問医療は可能か 自宅介護するかどうかで悩む 自宅で介護ができそうな人は? おしまいに はじめに 50代になると、介護が視野に入ってきます。そういう年回りです。そのころ、引っ越しの覚悟を決めました。幸いにしてかどうか…

アーリーリタイアの前にやっておくべきこと

お金のコントロール どこに住むか めでたくリタイア ちかごろ増えてるアーリーリタイア、その前にやっておくことがあります。 お金のコントロール これは単純な話で、自分の家計をしっかり把握しておくことです。もちろん、その上で出費を圧縮します。 目安…

人生の転回はゆっくりと

出産と育児、卒業と就職、結婚と新婚旅行、いろんなことがセットで起こります。それ以前と以後では、くっきり違います。急転回ですね。 ジジババが急転回すると、転倒してケガをします。安全のためには、少しずつ踏みかえながら、進む方向を修正するのがよさ…

破って捨てる

ことばの定義にこだわる人はかっこ悪い、と聞いたことがあります。それでも、こだわってみましょうか。 断捨離を流行らせた人は、離を「物への執着から離れる」と定義しているようですね。守破離にも離が入っています。ところが、離がない方がわかりやすい。…

節約も度が過ぎると

節約力をアップするには、旅に出るのがいい。 コスト削減にはまる 節約とは、出を制すこと。やりすぎると拒食症になる。 節約とは、出を制すこと。できないひとが、手っ取り早くできるようになるには、どうするか。とても簡単です。 節約力をアップするには…

シンプルな食べものとは

グルメとかレシピサイトとか、モアベターな食文化が盛り上がっているようですね。では、盛り下がるとどうなるでしょうか。 土井善晴『一汁一菜でよいという提案』 土井さんは、1957年生まれ。土井勝という著名な料理研究家を父に持ち、欧州でフランス料理を…

テレビの中のミニマリスト

家の中を整理するのは大変でも、旅に出れば、持ち物をリセットできます。 次郎法師の持ち物 持ち物の少ない人の代表は、坊さんです。偉くなると、見栄えを整えるために、いろいろ必要なようですが。あそこの寺には、いつもベンツが止まってるなあ。 ところが…

節電は若者の特権かも

だいぶ前に、どこまで節電できるか挑戦したことがあります。いろいろ試してみたのですが、家電製品があるので、電気代は一定水準までしか下がりませんでした。年を重ねるにつれ、度が過ぎるとなんとかの冷や水になりかねないので、節電をやめました。そのと…

スーツケース1個で引っ越しするのが理想

スーツケース1個で嫁に行った子がいる。実家に帰るとき、赤ちゃん付きだったので、荷物が増えてしまったけど。 自分がもう一度引っ越しするなら、単身者パックを選びたい。小さなコンテナボックス1杯分を運んでもらえる。 シニアパックというのもある。荷…

3月にときめく

30年もたつと、物が増えてくる。 いよいよ断捨離かというフェーズで登場したのがコンマリさん。でもね、洋服の山に抱きついても、加齢臭がただようだけ。もしドキドキするようなら、病院に行かなくては。心臓が悪いのかもしれない。 プチ断捨離 捨ててみまし…